0438-98-1711

Tel

子どもの矯正治療のメリット・デメリット

​成長を利用して治療できる

 

子どもの矯正治療とは成長がある時期または永久歯への交換が完了していない時期です。顎の成長が足りずに噛み合わせに悪影響が生じることがあります。顎の成長をコントロールすることで噛み合わせを良くしたり、顎の手術が必要になるのを避けることが出来ます。(ただし時期や成長度合いによっては限界もあります。)

歯を抜かずに治療できる可能性が高くなる

歯の大きさに対して歯が並ぶスペースが狭い場合、歯が並ぶ土台の骨を広げることで歯並びを良くすることが出来ます。

取り外し式の装置で治療できることが多い

負担の少ないようできるだけ取り外しのできる装置(可撤式装置)で治療を行います。

 

下顎のズレを治せる

一部の歯が強く当たって、下顎がズレた状態で成長してしまうことがあります。顎の成長のみならず歯や歯茎にとっても悪影響があり、早期発見することで治療が可能です。

扁桃や舌などの異常も発見できる

検査のとき歯並びに関係する扁桃や舌なども診ています。同時に、骨格の成長を評価するためのセファログラムというX線写真検査でも扁桃の大きさや気道の広さを確認しています。

期間限定の治療法である

成長がある時期または永久歯への交換が完了していない時期のみの治療法になります。